あいさつ
 当社は、各種刃物製造業として30数年間の実績とノウハウを蓄積してまいりました。その間、大手各社さらに各卸商の方々にお引き立ていただき現在にいたっています。
 新世紀に入ってからは、特に企業を取り巻く環境がこれまでにないほどのスピードで移り変っていいます。当社といたしましても、企業として規模は小さくとも、創意工夫に富んだ独自の製品開発を続け、消費者の方々にブランド商品としてお届けできるよう日夜頑張っています。
 さらに、既存の商品にとらわれず、皆様のご意見、ご要望、アイデア等をいただきながら、新製品開発にも大きな力を注いでいます。

会社の沿革

昭和43年5月1日
マルモト商店を創業、電気カンナ用カンナ刃の製造販売をもって事業開始
昭和44年8月20日
(株)マキタとの取引開始カンナ刃の納入をもって事業を拡大
昭和45年8月3日
工場を移転、新設、(株)マルモト製作所を設立(資本金300万円)
昭和47年5月10日
大2工場を増設、電気ミゾキリ用カッター刃の製造販売開始、その後ゴルフ場芝刈機用刃物、
ルーター・トリマー用ビット、ジグゾー用ブレート等徐々に生産品目を拡張、同時に輸出部を
新設、海外輸出に参入
昭和55年5月20日
資本金1,200万円に増資
平成7年11月1日
第3工場を増設し、機械設備を増大